乾燥肌にも効果的なすっぽん

外が寒くなって乾燥してくる秋冬は、乾燥肌の方にとっては非常に辛い季節。
最近では、除湿機やエアコンなどが至る所で使われるようになり、さらに皮膚がカサカサと乾燥しやすくなっていると言われます。
逆に、そうした環境にあると乾燥肌になりやすく、秋冬でなくても乾燥肌に悩まされる方もいます。

乾燥肌というのは、肌に水分が少なく毛穴が開きやすい状態をさします。
見た目にもカサついているだけでなく、ファンデーションの乗りが悪くなったり、保湿が上手くいかない、意味もなく痒くなるなどのトラブルも考えられます。
この乾燥肌を解消するには、お肌の保湿が第一にあげられますが、それだけではまだ十分ではありません。
年齢とともに肌の乾燥は進んでいきますから、外側と同時に内側からもしっかりケアすることが大切になります。
内側のケアとしておすすめなのはずばり「コラーゲン」です。

コラーゲンは真皮や骨などを構成するたんぱく質の一種で、植物性・動物性・マリンコラーゲンなどいくつかの種類があり、どれもお肌の保湿力を高めてくれる効果があります。
コラーゲンは歳をとるごとに段々身体から失われていき、自然に肌は老化していきます。
コラーゲンは真皮のうち約70%を占めているとされますから、外部から補うだけでなく内部からもどんどん補わなくてはなりません。
継続的に摂取していくことによって、保水力そのものが高まるので、乾燥に負けない強い肌づくりが期待できます。

動物性コラーゲンを多く含むものとして「すっぽん」という食材があります。
すっぽんには良質のアミノ酸がたくさん含まれており、コラーゲンについても非常に質の良いものであるため、身体にうれしい栄養素を一度に補う事ができます。
すっぽんエキスを凝縮してサプリメント化したものや、エキスを配合したドリンク、身をそのまま使ったインスタント食など、すっぽんは以前にもまして気軽に摂取できるようになりました。
良質なコラーゲンのほかにビタミンやミネラルも豊富ですから、内側からお肌をケアする食材として、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。